寿食品

ごあいさつ ヴィジョン 会社案内 50年の歴史 寿食品とは?
ホーム > 寿食品とは? トップ > 環境・衛生
ホームに戻る
寿食品とは? トップ
食堂事業
環境・衛生
食品生産加工工場(JAS認定)

環境・衛生


お客様の安全性を第一に考え、無理の無い調理と衛生管理を実施しております。
1960年の創業以来、食中毒等の不祥事故はなく今日にいたっており、今後もみなさまに安心される衛生システムの確立を未来に向けて挑戦し続けています。

HACCP衛生システムの導入

食中毒はおこさない。

寿食品は、HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point 危害要因分析必須管理点)に基づいたオリジナル衛生システムを導入しています。
HACCPシステムは、危険が発生する前に問題点を発見し、改善する管理システムです。
原材料を仕入れからお客様に渡るまでの食材の流れ、調理工程(人的含む)、設備等の各工程で細菌が付着しないかチェックし、食品の「安全性と高品質」に努め、お客様に毎日の食事をサービスしております。  

HACCPシステム・フロー図

衛生管理体制

食中毒は犯罪。

「食中毒は犯罪である」というコンセプトのもとに、寿食品は各営業所に安全衛生と食品衛生マニュアルを常備しており、毎日のミーティングで各自が認識を高める教育を行い、事故防止のため徹底指導しております。

衛生管理体制図
  チェック表 回数 管理者
1 個人衛生 毎日 【営業所】
食品衛生責任者
2 検査チェック 
3 保管庫温度チェック 
4 検収チェック記録 
5 業務終了時防災 
6 検便実施記録 年16回
7 自主点検表 月1回
8 自主水質検査 年3〜4回
9 定期巡回点検  年4回 【本社】
栄養士
衛生管理者
10 健康診断 年1回
11 衛生講習 適時
       



ホームごあいさつヴィジョン会社案内50年の歴史寿食品とは?
Copyright KOTOBUKI SHOKUHIN Co Ltd. All Rights Reserved.
このページのトップに お問い合わせ サイトマップ ホームへ戻る